経営学系を学ぶことができる留学のNIC

img_01


わずかな資本金を元手に一人で会社を動かすとき、
経営者が試される能力は会計能力とマネージメント能力です。
経営学に関しては日本のほとんどの大学の学部で設けられていますが、
残念なことに十分な経営の勉強はなされていないのが現状です。
しかし、経営学に関して学部課程まで
しっかり勉強できるところが、海外留学のNICです。

NICの留学における経営学系はどのようなことを学習するのか、
その内容について説明したいと思います。
その前に、経営学系とはいっても学ぶ分野が幅広く、
会計学、金融学、財政学、コンピューター情報システム、
マネージメント、マーケティング、人的資源管理などの分野があります。
これらの分野がある中で、留学のNICが行う経営学系は
何について学ぶ学問なのか、次に説明したいと思います。
経営学系で学習する項目は冒頭でも記載したとおり、
会計学とマネージメントが中心になります。
会計学に関して補足説明すると、
全ての基礎分野プラス会計の中級まで学び、
その後自分の専門分野をひとつ選択し、深く学んでいきます。
経営学系のどの分野に進むにも、
ベースになってくるのは会計学とマネージメントです。
この2つをしっかりと押さえることで、
会社の経営で降りかかる問題は概ね対応が可能になります。

気になるのが経営学系の学問を修了した方の進路ですが、
こちらは留学のNICで培った知識をもとに、ビジネス全般で活躍するべく、
国内外問わず自分で会社を経営する人が多い傾向にあるようです。

会社経営に興味のある方は、NICをチェックしましょう!